2010年05月31日

思い立ったら歯医者さんへ行こう!

自衛隊の医官を養成する中で大きな役割を果たしているのは防衛医科大学校であるが、同校は歯科医官の養成は行っておらず、歯科医官は全て国公立私立大学の歯学部出身者の中から試験により採用される。なお、医療法施行令第5条の11に規定されている標榜科名は、歯科口腔外科である。試験の実施に関する事務は、財団法人歯科医療研修振興財団が行う。 歯科衛生士(しかえいせいし、英語 英Dental Hygienist)は、歯科医師の指導の下に、歯石除去や歯科保健指導などの歯科医療に関するさまざまな業務を行う歯科医療職(コ・メディカル)である。歯科医官(しかいかん)とは、歯科医師の資格を有する幹部自衛官のこと。一般歯科、矯正歯科、口腔外科、小児歯科を総称して歯科と呼ぶこともある。診療科としての一般的な歯科は、齲蝕や歯周病、インプラントを中心とした口腔内の疾病を受け持っている。歯科医師過剰問題(しかいしかじょうもんだい)とは、歯科医師免許取得者が増加し、需要と供給のバランスが成り立たなくなる社会問題を指す。
posted by ailliss at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。